男の人達

レンタル倉庫を法人が利用するメリット|レンタルスペース活用術

屋内型と屋外型の違い

男女

物を収納するスペースをレンタルできるのがトランクルームサービスです。最近では、個人も法人も同様に利用者が急増しており、ニーズに答えてサービスを提供する運営会社も増えてきています。トランクルームと一言でいってもたくさんの種類があります。それぞれでメリットが異なるため、法人で利用する場合はしっかりとタイプごとのメリットを把握することが必要になります。まず、トランクルームは屋内型と屋外型の2タイプに分けることができます。屋内型は、ビルの1スペースをレンタルして収納物を預けるサービスです。対して、屋外型は屋外にコンテナや倉庫のような物置き場のスペースを作り、収納物を預けることができます。両者の違いを把握して使い分けられるようにしましょう。屋内型のメリットは、屋外のトランクルームと比較して収納物の劣化を防ぐことができるという点にあります。屋内型はビル内の1フロアなので、空調の調節などがやりやすく、収納物に応じて最適な空調状態を作り出すことも簡単だからです。また、セキュリティが強固なのもメリットの1つになります。ビル内であるため、守衛の配置や警備設備を整えやすい環境になるからです。対して、屋外型のトランクルームは、屋内型と比較して価格を安くすることができるというメリットがあります。また、トランクルームの入り口まで収納物を車などで運ぶことができる場合が多いため、大量の収納物を扱うときなどは手間が半減します。頻繁に出し入れする重量のある収納物を扱う場合などはとても大きなメリットになるでしょう。このように、トランクルームごとでタイプと強みが異なるため、しっかりと自社の目的に応じたものを検討するようにしましょう。